コンプライアンス

反社会的勢力の企業一覧はあるのか?調べ方や見分け方も合わせて紹介!

企業活動で重要になってくるのは、反社会的勢力との関係でしょう。反社会的勢力と取引している場合、企業の信用を失ってしまう可能性もあります。

どのような企業が反社会的勢力なのだろうか
反社会的勢力かどうかを見極める方法はあるのか

このような悩みを抱えている企業も少なくはありません。今回この記事では、反社会的勢力の企業一覧はあるのかについてや、見分け方などにいて詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

反社会的勢力やフロント企業・舎弟勢力とは?

まず、反社会的勢力やフロント企業・舎弟勢力とはどういったものを指すのでしょうか。ここでは、反社会的勢力やフロント企業・舎弟勢力について改めて確認していきます。では早速みていきましょう。

反社会的勢力とは

反社会的勢力とは、暴力団や暴力団の実態を隠している関係企業のことです。暴力団とは、団体だけではなく個人も含まれるため、見極めが難しいのが現状でしょう。

近年、暴力団対策法といった取締強化により、反社会的勢力によるあからさまな暴力行為は減少している傾向にあります。そのため、代わりに政治活動や企業活動に力を入れていることが多いです。

フロント企業・舎弟勢力とは

フロント企業・舎弟企業とは、主に暴力団へ資金を提供している企業のことを指します。反社会的勢力には、このようにフロント企業・舎弟企業が存在しているのがほとんどです。

また、フロント企業や舎弟企業の役員は、暴力団の構成員である可能性も高いでしょう。したがって、反社会的勢力かどうかを確認する場合、このフロント企業や舎弟企業を見抜くことが重要になります。

フロント企業や舎弟勢力が多い業種とは

フロント企業や舎弟企業が多い業種とは、どのようなものがあるのでしょうか。フロント企業や舎弟企業は、時代によってその性質は大きく異なってきます。

平成10年の警察白書によれば、「建設業34%」「不動産業13%」「金融・保健業12%」「飲食業5%」といった結果になっています。

また、平成19年に建設業者3000社に行ったアンケートによると「暴力団と関係を持つ建設業者がいると聞いたことがある」と答えた人が33%存在しました。

上記のような結果から、フロント企業や舎弟勢力が多い企業は建設業者だと考えられます。しかし現代ではフロント企業や舎弟企業も多様化しており、生活に根付いているため、建設業者以外にも注意が必要でしょう。

反社会的勢力はどんな企業活動に関わっているのか?

反社会的勢力はどのような企業活動に関わっていることが多いのでしょうか。反社会的勢力は、主にフロント企業や舎弟勢力が関係している企業活動に参入するケースが多いです。

ここでは、反社会的勢力はどんな企業活動に関わっているのかについて詳しく解説していきます。では早速みていきましょう。

建設業

上記で、フロント企業や舎弟企業が多い業種として建設業が挙げられましたが、建設業は反社会的勢力も参入しやすい業種でしょう。

反社会的勢力がそのまま建設業を経営し、公共工事へ参入するといった事例があるようです。

人材派遣業

人材派遣業も、反社会的勢力が参入しやすい業種のひとつでしょう。反社会的勢力が人材派遣業を経営し、不当な利益を得るケースもあります。

例えば、人材派遣を禁止している業務に労働者を派遣するといった、労働者派遣法に違反する事例も少なくはありません。したがって、人材派遣業と取引する際には注意が必要です。

金融業

金融業も反社会的勢力が参入しやすい業種として挙げられます。金融業といっても、無登録で貸金業を経営し、顧客に金銭を貸し付けるケースがほとんどでしょう。

金融企業が反社会的勢力と知りながら取引をするケースもあるため、対策がなかなか難しい業種でもあります。

反社会的勢力の企業一覧はある?

実際に、反社会的勢力の企業一覧はあるのでしょうか。

反社会的勢力の企業がわかるリストは存在するのだろうか
明確に判断できるような反社会的勢力の情報が欲しい

このようなことを考えている企業も少なくはないでしょう。しかし、結論から述べると反社会的勢力について簡単に照会できるリストやデータベースは、残念ながら存在していません

信用調査会社各社や業界団体では、独自の基準を基にして情報を集め、自主的にリストを作成しているのがほとんどです。

しかし、各都道府県の警察が提示した、反社会的勢力と関係を持っている企業や個人の一覧も存在します。したがって、自分や自社の都道府県の警察がそういった情報を発信していないか調べるのがおすすめです。

反社会的勢力は、近年様々な企業に参入していることが多く、見極めるのが難しいでしょう。そのため、反社会的勢力の見分け方や調べ方について深く理解しておくのも、ひとつの対策としておすすめします。

反社会的勢力の見分け方

反社会的勢力の見分け方とは、どのようなことが挙げられるのでしょうか。見分け方を理解しておけば、企業や個人と取引をする際に役立つかもしれません。

ここでは、反社会的勢力の見分け方について詳しく解説していきます。では早速みていきましょう。

反社会的勢力の見分け方①新聞記事検索

反社会的勢力の見分け方として「新聞記事検索」が挙げられます。新聞記事検索は、一般的に新聞や雑誌のデータベースサービスを活用して、反社会的勢力についての情報を確認する方法のことです。

各サイトのサービスによって異なりますが、専用のサービスサイトから調べたい企業を検索し、過去の新聞に取り沙汰されていないかの確認ができます

行政処分や逮捕といった公知情報を集める手段としては有効だと考えられるでしょう。また、新聞記事検索は過去の古い新聞記事まで検索できるので、おすすめの方法です。

反社会的勢力の見分け方②インターネット記事検索

インターネット記事検索」も反社会的勢力の見分け方として挙げられるでしょう。インターネット記事検索は、SNSやニュースサイトで発信されている反社会的勢力に関する情報を、網羅的に確認する方法になります。

口コミサイトに投稿されている情報も確認できるため、噂程度でしかない情報も集められるのが、インターネット記事検索の特徴です。

また、インターネット記事検は無料でできるため、コストを必要としないのも特徴のひとつでしょう。

反社会的勢力の見分け方③Google検索を使用した反社チェック方法

反社会的勢力の見分け方として「Google検索を使用した反射チェック方法」が挙げられます。インターネット検索では、会社や個人名とネガティブワードを組み合わせて検索するのが一般的でしょう。

Google検索では、検索オプションを使用すれば複数のネガティブワードを一度に検索可能です。この機能を使用すれば、関係する企業が反社会的勢力かどうかを見分ける際に役立つかもしれません。

反社会的勢力の調べ方

反社会的勢力の見分け方について解説してきましたが、調べ方も存在します。自社や個人で事前に調べておけば、実際に関わる確率を防ぐことにもつながるでしょう。

ここでは、反社会的勢力の調べ方について詳しく解説していきます。では早速みていきましょう。

反社会的勢力の調べ方①調査会社に依頼

反社会的勢力の調べ方として「調査会社に依頼」することが挙げられます。反社会的勢力を調べる際には、専門の調査会社に依頼することもひとつの手段です。

それなりのコストは必要になりますが、精度の高い情報を得られるため、確実な情報が欲しい際にはおすすめの方法になります。

反社会的勢力の調べ方②警察や暴追センターへ相談

警察や暴追センターへ相談」するのも反社会的勢力の調べ方のひとつです。警察や暴追センターが、反社会的勢力の情報を持っていることもあります。

調査したい相手の所在地や氏名などの情報があれば、反社会的勢力かどうかを相談可能です。

反社会的勢力の調べ方③自社で調査

自社で調査」するのも反社会的勢力の調べ方として挙げられるでしょう。自社で調査するのは、最も手軽な方法として考えられます。

検索エンジンの活用や各種のデータベース確認、業界団体への問い合わせなどか自社でできる調査方法でしょう。

反社会的勢力の調べ方④反社チェックツールを活用する

反社会的勢力の調べ方として「反社チェックツールを活用する」ことが挙げられます。反社チェックツールを活用すれば、自社での調査に比べて精度が格段に高くなるでしょう。

ツールの導入を検討する際には、自社や個人の目的に合った料金やプランの比較も重要です。

自動風評チェックツールおすすめ3選

反社会的勢力を調べるには、自動風評チェックツールを導入するのがおすすめです。自動風評チェックツールは、企業のブランドイメージの低下を防ぐことにつながる機能があります。

ここでは、おすすめの自動風評チェックツールを3つ紹介していきます。では早速みていきましょう。

①BLITZ Marketingの自動風評チェックツール

自動風評チェックツールのおすすめとして「BLITZ Marketingの自動風評チェックツール」が挙げられます。

BLITZ Marketingの自動風評チェックツールは、ネット風評の早期発見やレピュテーションリスク管理に最適なレポートを定期的に提供しているのも、特徴のひとつです。

また、ネット上の悪評に関する相談も24時間体制で行っており、問題のスピード解決が強みとなっています。

\ かんたん30秒で無料相談 /

お問い合わせはこちら

②風評チェッカー

風評チェッカーは、インターネット検索やSNSで調べた際に、自分で設定した監視ワードやWeb上でリスクになるワードと自動マッチングを行います。それにより、会社の評判やリスクレベルを検知、最適化可能です。

風評チェッカーは無料版と有料版があるので、気になる方は無料版で試してみるのも良いかもしれません。

③イメージチェッカー

イメージチェッカーとは、株式会社エルプランニングが提供しているクラウド型の自動監視ツールです。イメージチェッカーには、サジェストの風評チェックや検索結果100位までの風評サイトチェック、風評の自動識別などの機能があります。

Web上にネガティブな情報が発信されていないかを随時モニタリングしてくれるので、おすすめの自動風評チェックツールです。

まとめ

ここまで、反社会的勢力やフロント企業・舎弟企業についてや、反社会的勢力の見分け方・調べ方について詳しく紹介してきました。残念ながら反社会的勢力の企業を簡単に照会できるようなものは存在しません

しかし、各都道府県の警察が定めた反社会的勢力のリストが提示されていることもあります。他にも、反社会的勢力の見分け方や調べ方を理解しておくことで、事前に反社会的勢力との関わりを防ぐこともできるでしょう。

特に、反社会的勢力との関わりを防ぐには、自動風評チェックツールの導入がおすすめなので、検討してみてはいかがでしょうか。

CTAバナー

\ かんたん30秒で無料相談 /

お問い合わせはこちら

人気記事

スマホ画面のイメージ画像 1

ストレスのはけ口や愚痴を書き込む場所として使っている人も多いSNS。そのような投稿をしている人が多いため、2018年には1800人以上の未成年者がSNS上のトラブルや事件に巻き込まれています。 大体1 ...

タイトル画像 2

誹謗中傷とは嘘の情報や証拠がない情報などで特定の人物を罵り、誹謗中傷を行うことです。 特にSNSやネットの掲示板では、誹謗中傷の発言が頻繁書き込まれています。 しかし「誹謗中傷の発言」と言われても、実 ...

タイトル画像 3

元バイトAKB所属のアイドルで現在は人気ラーメン店「麺匠八雲」を経営する梅澤愛優香さん(24)がネット上の誹謗中傷トラブルに遭い、民事提訴を起こしたことが明らかとなりました。 今回は梅澤さんの誹謗中傷 ...

-コンプライアンス

Copyright© 誹謗中傷対策サービス&情報 BlitzMagazine(ブリッツマガジン) | 株式会社BLITZ Marketing , 2022 All Rights Reserved.