ブランディング

ペライチのSEO対策は?ホームページ作成にあたり強い部分と弱い部分をチェック

2022年5月13日

「今すぐ手軽にホームページを作りたい」
「ペライチを使えばすぐに集客できるって本当?」
「SEOのことは分からないけど、本当に対策できるのかな……」

自分のお店や事業、サービスから作品の発表まで、誰もがSNSやブログで手軽に発信できてしまう現代だからこそ、しっかりホームページを作成したい人もいるのではないでしょうか。

でも自分でホームページをゼロから作りあげる知識はない、そんな人にぴったりなのがホームページ作成サービスのペライチです。

本記事では初心者でも自由にハイセンスなホームページを作れ、集客にも強いペライチの特徴とSEO対策の強みと弱みを解説していきます。

ペライチとは


ホームページ作成サービスのペライチにはどんな特徴があるのかをご紹介します。

日本発のウェブサイドビルダー

ペライチは、日本の株式会社ペライチが提供するウェブサイドビルダーです。

日本企業のサービスのため、ペライチはすべての過程を日本語で利用できます。

3ステップでホームページを開設

ペライチは「テクノロジーをすべての人が使える世界に」をスローガンに掲げています。

実際にペライチを利用すると、ウェブサイト構築の知識やスキルを持たない人でも3ステップで簡単にホームページを作れてしまいます

あらかじめ準備されたテンプレートからデザインを選択し、文章や画像を編集し、公開ボタンを押すだけという手軽さは大きなメリットといえるでしょう。

充実のサポート

ペライチは、同社によるユーザーへのきめ細かいサポートも大きな魅力です。

例えば「ペライチ公式セミナー」では47都道府県にサポーターが配置され、ペライチの使い方やビジネスへのサポートを受けられます。

またオウンドメディアの「ペライチ大学」では、ペライチやホームページ作成に関する有益な情報が配信されています。

さらにはこれらのペライチ関連情報を検索できる「ペラナビ」も利用できるなど、充実のサポートを日本語で受けられことは初心者には心強いのではないでしょうか。

豊富でスタイリッシュなテンプレート

ホームページを作ろうとするときに、多くの人が挫折してしまうのがデザインではないでしょうか。

売る商品やサービスが決まっていて、それらを文章で説明をすることはできても、どのように文章や画像をレイアウトし、ページ全体を構成するかを決めるのは簡単なことではありません。

もちろん頭の中にそうしたレイアウトや構成ができていても、実際にページを組み上げるには相応の知識や技術が必要です。

そんな時に、プロがデザインしたテンプレートをそのまま使えるのは非常に嬉しいところです。

実際のプロに依頼すれば数十万円の経費と数週間の納期がかかるものを、その場で無料で利用できてしまいます。

オンライン決済、ウェブ予約、メルマガなど多彩な機能

ペライチにはプランによって、オンライン決済やウェブ予約、さらにはメルマガ配信などの機能が付与されます

いずれも自分でホームページ上に構築するには高いスキルと手間が必要ですが、いずれもそのまま利用することができます。

同一サービス上のため不具合を気にすることもなく、販売や予約といった機能を自由に使えるのは、ペライチの大きな強みといえるでしょう。

ペライチはSEOとして強いのか、弱いのか

ペライチはSEOとして強いのか、それとも弱いのか、気になる方が多いのではないでしょうか。

実際のところペライチには使い方によっては強い部分がある反面、弱い部分も存在しています

大切なのはどのようなホームページを作りたいかという部分で、それによってペライチのSEOがどの程度機能するかが決まってきます。

ざっくり言うならば、ペライチはそもそものドメインパワーを生かしてベーシックなSEOを行うにはいいのですが、工夫を凝らしながらSEOを施していくことには向いていません。

それはペライチがあくまでフットワークの軽いホームページを手軽に運用することを主眼に作られているためと言えるでしょう。

ペライチのSEOにおけるメリット


ここではペライチのSEO対策の機能や強い部分を紹介していきます。

「ペライチ」自体の強力なドメイン力

まず何より大きいのが、ペライチのドメイン「peraichi.com」自体の評価が非常に高いということです。

これはペライチのドメインを用いたホームページが非常に多いことに起因しています。

ドメインの評価が高いということは、「そのドメインを使うこと自体が強力なSEO対策である」ことを意味します

つまりどのようなホームページであれ、このドメインを使った時点で検索に対して有利になるということです。

SEO対策やホームページ作成の初心者にとってはこの手軽さは大きな利点といえるでしょう。

ペライチ利用者のクオリティの高さ

これはドメイン力の強さとも関連しますが、ペライチ利用者それぞれのクオリティの高さも大きなポイントです。

多くのホームページを抱えるドメインであっても、それぞれのクオリティが低ければ評価は下がってしまいます。

ペライチはその手軽さや強力なサポート、そして豊富なテンプレートの提供によってこのクオリティを維持しているといえます。

このため、将来的にもペライチのドメインを使ったホームページが高く評価され続ける可能性は高いということになります。

基本を押さえる「SEOチェックリスト」

ペライチは手軽なだけに触れる部分はそこまで多くありません。

ですが2020年にリリースされた「簡単SEO対策」の「SEOチェックリスト」は、基本的なSEO対策をしっかりバックアップしてくれます

チェックリストにあるのは、ページのタイトルやメタディスクリプション、ファビコンなどの設定です。

SEO対策の基本中の基本ではありますが、ドメイン力とこれらの基本をカバーすることで検索順位をしっかり上げてくれます。

ペライチのSEOにおけるデメリット


ただし、ペライチのSEO対策は盤石とはいえません。

特にホームページの目的や種類によっては美味く機能しない可能性もあります。

ここではそうしたポイントを説明していきます。

カスタマイズの余地が少ない

まずペライチは手軽な反面、自由度は高くありません。

そのため、キーワードを練り込んでSEO対策を行おうとしても、そこまで突っ込んだ対策が打ちにくいのです。

このため、基本以上のSEO対策を後から盛っていくことはあまり現実的ではありません

ページ数が少ないため、ブログ記事などを配置しにくい

こちらはペライチの本質と関係してきますが、ペライチは最も高価な「ビジネス+プラン」を利用しても公開ページ数の上限が20ページとなっています。

これはつまり、「ページ数を増やしていく」というSEO対策の重要な手段が現実的ではないということです。

ホームページ内にブログを設置したり、新着記事を次々更新したりすることによって信頼度を高めるのは常套手段です。

これができないため、少ないページ内の更新でなんとかやりくりしていかなくてはなりません。

同じページの情報を更新するなどの方法はあるものの、記事を積み重ねて信頼度を高めていけるホームページと比較した場合は大きなビハインドを背負うことになります。

独自ドメインの設定でSEOにデメリット

メリットのところでペライチのドメイン力の強さを説明しましたが、ペライチでは独自ドメインを利用することも可能です。

ですが、独自ドメインを利用する場合には「peraichi.com」が入らないため、このドメイン力を利用することができません

つまり、ペライチのSEO対策の最も大きなメリットを捨てなくてはならないのです。

やはりビジネスや会社の公式ホームページを長期間運用する前提であれば、やはり独自ドメインで作りたいところです。

そうしたタイプのホームページを作りたい場合、ペライチの最大の利点を利用できないことはしっかり理解しておく必要があるでしょう。

ペライチ以外のホームページサイトを紹介

ペライチ以外にはどのようなホームページ作成サービスがあるのか見ていきましょう。

WordPress

WordPressは世界で最も使われているホームページ作成ツールです。Web上のホームページの43%がWordPressで構築されているとされています。

もともとはブログ作成用のサービスでしたが、現在はありとあらゆるタイプのサイトに対応しています。

カスタマイズ性に優れており、テーマという極めて多くのデザインテンプレートがあり、プラグインという拡張機能も豊富です。

また利用者が多いことから分からないことや知りたいことがある場合、検索すれば容易に答えが見つかるのもメリットです。

Wix


Wixは世界で2億人が利用する、クラウドベースのホームページ作成プラットフォームです。
豊富なデザインテンプレートと機能が特徴で、ドラッグ&ドロップの直感的な操作でデザインや機能を自由にアレンジできます。

管理画面も分かりやすく、セキュリティにも力を入れているため、初心者がECサイトなどのホームページをつくる際にもぴったりです。

Jimdo


Jimdoはクラウド型のホームページ作成サービスです。

複数の質問に答えるだけでホームページが完成する「ジンドゥー AI ビルダー」は、初心者や手軽に作成したい人には嬉しい機能です。

Jimdoで作成したホームページはPCからもモバイルからも最適なデザインで閲覧できるレスポンシブWebデザインとなるため非常に手軽です。

ペライチのSEO対策と利用方法


SEO対策において、メリットもデメリットもくっきりと分かれているペライチを利用するのに向いているのはどんなホームページなのでしょうか。

ここではペライチのパワーを活用できるタイプのホームページを説明します。

ランディングページ

ランディングページは1ページにまとめられた縦長の商品販売ページのことで、商品やサービスの購買を促す目的に特化したページです。

少ないページで手軽にホームページを作成できるペライチは、まさしくランディングページに特化したホームページ作成サービスといえるでしょう。

ランディングページは基本的に複数のページへのリンクを必要としておらず、一方で決済や予約など、購買に関係する機能は非常に重要です。

ペライチの機能にはランディングページに必要な要素が漏れなく詰め込まれているため、商品やサービスを売ったり、セミナーなどを開催したりしたい場合にはうってつけです。

キャンペーンサイト

ペライチのドメインを用いれば、作成時点から高いSEO対策効果を得られるため、すぐにレスポンスのほしい期間限定のイベントやキャンペーン用のサイトにもぴったりです。

公式ホームページからのリンクと検索でのアクセスの両取りができるため、期間限定で何かをしてみたい場合には利用を検討してみても良いでしょう。

特に初回は30日の無料お試し期間があるため、低コストでキャンペーンの宣伝を打つことができます。

求人募集ページ

こちらもキャンペーンサイトに近いのですが、ペライチには求人募集に特化したテンプレートも存在しています。

急な求人やイベント、キャンペーンなどに向けた求人など、期間を切ってフットワークが重要な求人に使う場合に大きな効果を発揮する可能性があります。

ECショップ

また、ペライチには簡単にECショップを運営できるテンプレートもあります。

ECショップを作れるサービスは多数ありますが、ペライチはその手軽さが大きなメリット。

ホームページ作成やSEO対策の知識がない初心者でも、すぐに評価の高いスタイリッシュなECサイトをオープンでき、決済や予約などもすべてペライチ上で完結できるのが強みです。

ペライチのSEO対策まとめ

ペライチのSEO対策における最大の強みは、なんといってもペライチ自体の強いドメイン力にあります。

ただしこのドメイン力を利用できるのはペライチのドメインを利用したホームページを作る場合のみであることに注意が必要です。

このためビジネスや会社の公式ホームページには向いておらず、一方で特定の商品やサービスを売りたい、期間限定のキャンペーンを打ちたいといった場合には極めて強力です。

ペライチはホームページ作成やSEO対策の初心者でも簡単にホームページを作れてしまう分、自分が作りたいホームページが本当にペライチに適しているかを考えてみる必要があるでしょう。

弊社BLITZ MarketingはWebマーケティング・Web制作のプロであり、マーケティングに特化したホームページ制作及び運営を承っております。

自分が作りたいホームページについてじっくり考えてみたい方はぜひご一報ください。ご相談は無料です。

詳しくはコチラ

CTAバナー

\ かんたん30秒で無料相談 /

お問い合わせはこちら

人気記事

スマホ画面のイメージ画像 1

ストレスのはけ口や愚痴を書き込む場所として使っている人も多いSNS。そのような投稿をしている人が多いため、2018年には1800人以上の未成年者がSNS上のトラブルや事件に巻き込まれています。 大体1 ...

タイトル画像 2

誹謗中傷とは嘘の情報や証拠がない情報などで特定の人物を罵り、誹謗中傷を行うことです。 特にSNSやネットの掲示板では、誹謗中傷の発言が頻繁書き込まれています。 しかし「誹謗中傷の発言」と言われても、実 ...

タイトル画像 3

元バイトAKB所属のアイドルで現在は人気ラーメン店「麺匠八雲」を経営する梅澤愛優香さん(24)がネット上の誹謗中傷トラブルに遭い、民事提訴を起こしたことが明らかとなりました。 今回は梅澤さんの誹謗中傷 ...

-ブランディング
-,

Copyright© 誹謗中傷対策サービス&情報 BlitzMagazine(ブリッツマガジン) | 株式会社BLITZ Marketing , 2022 All Rights Reserved.